EW&F来日公演(大阪2017)のレポ感想は?メンバーやセットリストを調査!

EW&F(Earth wind & fire・アース・ウインド&ファイアー)の来日公演(大阪2017年5月20日㈯)に行ってきました!

鮮明に覚えているうちにレポートと感想を書いてみたいと思います。

またEW&Fの来日メンバーや、セットリストも調査していきますよ!

 

スポンサードリンク


 

EW&F来日公演(大阪2017)のレポート&感想は?

EW&F(アース・ウインド&ファイアー)の来日公演に5月20日㈯に、大阪まで行ってきましたよ!

アース・ウインド&ファイアーのその他の公演についてはこちらをチェック▼

アースウィンド&ファイアー来日!ライブ(2017)の時間やチケットは?

 

5月22日㈪に開催される日本武道館のほうがアクセスは近いのですが、平日なので土曜日がいいということで大阪に決めましたよ!

初日ということもあり、遠出ですが行ってみたかったんですね^^

ちなみに日本武道館では、特別ゲストとして女性ボーカルグループのリトルグリーンモンスターが出演するそうです。

 

昨年秋に新横浜のジャックオーランドのハロウィンイベントで、リトルグリーンモンスターがゲスト出演してましたよ♪

当時は6人グループでしたが、ハーモニーがきれいで歌がうまかったですね!

武道館もちょっぴり行ってみたかったですが、大阪観光もしたかったので・・・(笑)

 

 

【EW&Fの大坂公演の会場の様子は?】

EW&Fの大坂公演の会場は、大阪フェスティバルホールですね。

宿泊するホテルを淀屋橋にしたので、歩いて10分くらいで到着しましたよ。

地下鉄で行ったらもっと時間がかかったでしょうか。

 

大阪フェスティバルホールの周辺には目前に大川が見えますね。

この日は日中は真夏のような暑さだったので、夕刻の時分は比較的涼しいですけれど、ライブ会場は熱気ムンムンがよそうされますよね^^

 

午後5時半すぎたところですが、人影もまばらですね。

ようやく到着ですね♪皆さん目的は同じのようですね!

危うく通り過ぎてしまうところですが、肝心の証拠をパチリ!

 

入り口を入ると赤いじゅうたんが敷かれた、荘厳な雰囲気のある大階段ですね!

 

「こういう所に来るときはスーツを着たほうがいいのかな?」とサラリーマン風の男性が会話をしていましたが、これから踊りまくるかもしれないので、やはり軽装が一番ですね♪

 

階段のぼりは、日頃の運動不足が応えますね!

ふと左側をみればエスカレーターがちゃんとありましたよ(笑)

 

会場の入り口には張り紙がしてありましたが、EW&Fのグッズも売り出されているみたいですね!

 

階段を上がりきると、既に大勢のお客さんが集まっていましたよ。

先程のグッズでは、EW&FのTシャツが販売されているようですね!

EW&FのオリジナルのTシャツは、サイズがS、M、L、LLで種類が6種類ありましたね!価格は1枚3500円です。

キャップも2種類発売されており、1つ3500円でしたね!

このTシャツに着替えてライブに臨むのもいいですね!

 

EW&Fにはダンサブルな曲調が多いので、大汗かきそうですからグッズのTシャツを着て行くのもいいですね!

隣を見ると整列してなにやら撮影している人たちがいるので、わからずに並んだところ、今回日本公演の告知ポスターが飾られていましたよ。

入場するときに同じ絵柄のパンフレットをもらえましたね。

 

チケットを見せていよいよ入場できるのですが、事前にカバンの中身をチェックしているようですね!

 

5時40分過ぎていましたが、列に並ぶこともなかったのでラッキー。

 

ふいに係員の人は「プロフェッショナルカメラを持っていますか?」と入り口できかれたんですね!?

何のカメラのことなのかわからないので、聞いたところ一眼レフカメラの持ち込みは禁止なんだそうですね。

私たちは持っていないことを伝えると、カバンの中身をチェックすることもなく通してくれましたよ。

小さなバッグしか下げてないので、あえて確認することもなかったのでしょうか。

 

チケット確認が終わるといよいよ会場に向かいます!

長いエスカレーターを登りきると、ようやくホールに入ることができましたよ。

私は1階席の真ん中よりも前方の座席で、舞台がよく見えるところでした^^

 

開演前に会場内にアナウンスが数回ほど流れていましたが、プロフェッショナルカメラでの撮影、及びフラッシュによる撮影と動画撮影は禁止するということでした。

またコンサート中は携帯の電波がカットされてしまうようで、使用できないとも話していましたね!

確か開演の数分前からネットが使えなくなっていました。

 

【EW&Fの大坂公演の開始時刻は?】

ステージを見てみると、上手からパーカッション、ドラムス、金管楽器、キーボードなどの機材が置かれていましたよ。

周囲の座席を見るとほぼ埋まっており、お客さんの年齢層も20代から60代くらいまでとかなり幅が広いですね!

中には幼児を連れてきている家族もいて、さすがEW&FFは、幅広い年齢層に支持されているのですね!

開演間にぐずっていたので大丈夫かなと少し心配しましたが、その後泣き声は全く聞こえなかったですね!

泣く子も黙らせてしまうEW&Fの威力は、相当なものだと感じました(笑)

 

私のEW&F歴というと、高校生の時にLPレコードを初めて買ったのがEW&Fでしたよ。

あとでよく見たら、兄とLPが被っていました(泣)

当時お気にい入りの曲は、「宇宙のファンタジー」で、美術のレコードジャケットデザインの課題でこの曲を選びましたね♪

主にヒット曲くらいしか知らないレベルですが、アース・ウインド&ファイアーは、最も長い期間聞いているグループの楽曲ですよね!

 

会場が暗転すると時刻は午後6時になっており定刻通りですね!

新幹線と一緒で時間ぴったりに始まりましたよ(笑)

 

バックミュージシャンたちが舞台に出てきて、位置について演奏をはじめだしましたね!

いよいよ開幕かと思うと、ドキドキワクワクものです。

 

アップテンポの演奏とともに輝かしい照明と、バックスクリーンに映像が映し出されて、英語と日本語でもこれから始まるメッセージが流れます。

会場からは割れんばかりの拍手から、手拍子が始まり、なんと!ライブの最初から会場はオールスタンディング状態でしたね!

「ええ〜!?

最初から立つの?!」

 

私はEW&Fのライブは初めてなので、最初から会場はスタンディング状態になるとは知りませんでしたね!

でも、今まで音源しか聞いたことがなく、DVDで楽曲を予習をしてくれば良かったと少し後悔しながらも、手拍子を打ちながらワクワクしていましたね!

 

なんたって本物のEW&Fの音楽を目の前で聞くことができるのですから、こんな感動はありません。

本人たちが登場する前から鳥肌モノでまちつづけると・・・

 

さらに管楽器奏者のメンバーが手を振り上げて、会場のお客さんを盛り上げていますから、ボルテージは上がりっ放しですね!

楽曲が最高潮に達すると、いよいよお三方登場です!

 

このとき私の血圧は上は140は軽く超えていたことでしょうね^^

バクバクバクバク〜〜〜〜〜!!

 

 

EW&F来日公演(大阪2017)のメンバーを調査!

EW&Fのメインメンバーがいよいよ登場でしたね!

ヴォーカル、パーカッションのフィリップ・ベイリー、

ベースギターのヴァーディン・ホワイト、

ヴォーカル、パーカッションのラルフ・ジョンソンの三人です。

 

ステージ衣装は、主要メンバーたちは全盛期時代を彷彿する金ラメで散りばめられおりゴージャスでしたよ。

フィリップ・ベイリーの足元を見たら、金色のラメが光り輝いておりました!

足元まで抜かりなくく決めていてかっこよかったですよ。

 

またバックスクリーンに映像が映し出されるのですが、演奏する楽曲のジャケットタイトルを連想するような映像が映し出されており、これも昔が懐かしく思い出されたので本当に良かったですね!

全盛期時代のEW&F時代をほうふつさせるステージの演出で、ファンも大満足だったことでしょうね!

本当にただ感激もので、演出の素晴らしかったですね。

 

EW&Fのメンバーについてはあまり詳しくなくて、どちらかというと、フィリップ・ベイリーがフィル・コリンズと一緒に歌った楽曲「イージー・ラヴァー」が好きだったのですね!

フィリコリンズとデュエットソングで大ヒットしたんですよね!

チャイニーズ・ウォール懐かしな〜♪

 

「イージー・ラヴァー」からEW&Fに移行して、アルバムを聴くようになったという経歴になりますね。

 

しかしながら、フィリップ・ベイリーはなんと66歳とは思えないほど、見事なハイトーンボイスのステージには圧倒されましたよ!

私はマライヤ・キャリーも好きなんですが、デビュー初期の頃に出した楽曲で「エモーション」というのは、なんと脅威の5オクターブの声をフルに使って歌い上げています。


フィリップベイリーの美しい高音域のファルセットも今なお健在でしたが、何オクターブかは存じませんが、高音域でしかも圧倒する声量で歌い上げる様にただ感服したしました・・・

「マジで神ってる。」

もっとマシな感想を言えって叱られそうですが、会場で思わずつぶやきながら鳥肌モノでしたね(笑)

 

ほぼ超人としか思えないフィリプベイリーの歌声に、ただただ魅せられてしまいましたよ。

 

ところで、そのフィリップ・ベイリーの前でEW&Fの楽曲を歌う青年がいたので気になりましたね!

最初はパーカションを担当して、スティックを起用にクルクルと回転させながら叩くバチさばきに、これはタダ者ではないなと思っていたら、なんとフィリップ・ベイリーのご子息なんですね!

 

メンバー紹介のときに、「フィリップ・D・ベイリー Jr.」と紹介していました。

父親のフィリップベイリーの目線よりも身長がちょっと低いですが、スラッとしたなかなかのイケメンですね。

年齢は調べたところわからなくて、見た感じ20代前半というところでしょうか。

人気歌手のジャスティン・ビーバーや、ブルゾンちえみで人気が出たオースティンマホーンと近い年齢かなと思いました。

 

髪型は刈り上げオールバックで上の方を長く三つ編みで伸ばしている、ヘアスタイルでしたね。

黒とゴールドのファッショナブルな衣装で、ステージ上でもなかなか目立っていましたね!

 

 

フィリップベイリーJrは、2011年ころからEW&Fのコンサートに出演しているそうですね。

音楽学校にも通っていたそうで、父親のような歌手を目指しているのでしょうか?

声質も似ており、高音域のきれいな方ですね。

いずれ父親を超えるようなビッグな歌手になると思いますよ。

 

今回のステージでも、一人若いメンバーが入ることで、全体的にエネルギッシュ感がいっそう増しますよね!

会場を盛り上げようと、身振り手真似でパフォーマンスをしていた姿は、見ていてなかなか良かったですね!

ステージの登場の仕方や、ソロや父親とデュオを披露するなどをみると、これからのEW&Fを担っていく重要なメンバーという印象がありましたね。

 

コンサートの最後の挨拶で、フィリップ・ベイリーが二人の小さな女の子を連れて着ましたよ。

きれいな衣装を着ておめかししていましうが、演目の終わった会場は熱気ムンムンの様子にすこし驚いているような表情でしたね。

おそらく子役のような芸能人でもないと思ったので、フィリップ・ベイリーの孫でしょうか?

どうやらステージに出た女の子は、親戚の子供だそうですね。

紹介が終わると二人の女の子の手を引いて、舞台袖に戻る様子はもう完全におじいちゃんでした!

フィリップベイリーには7人の子供がいて、既に孫もいるのではないかと思います。

 

 

 

EW&F来日公演(大阪2017)のセットリストは?

EW&Fの楽曲をすべて把握していないので、調べたところセットリストがわかりましたよ。

EW&F来日公演(大阪)のセットリストはこちら▼

EW&F Japan Tour 2017(大阪)

1.Intro
2.Boogie Wonderland
3.Jupiter
4.Yearnin’ Learnin’
5.Sing a Song
6.Shining Star
7.On Your Face
8.Saturday Nite
9.Serpentine Fire
10.Kalimba Story
11.Evil
12.Can’t Hide Love
13.Love’s Holiday
14.Keep Your Head to the sky
15.Devotion
16.That’s The Way Of The World
17.After the Love Has Gone
18.Reasons
19.Got To Get You Into My Life
20.September
21.Let’s Groove
22.Fantasy
23.In The Stone

(引用 https://gunosy.com/articles/aYTlS)

 

私は23曲中16曲は聞いたことがありましたよ(笑)

往年のヒットソングを主に取り入れているので、コアなEW&Fのファンの方にはそれこそ感激だったに違いありません。

今回一緒にコンサートに付き合ってくれた趣味の鉄道の師匠は、あまり詳しい人ではないのですが、有名なヒット曲が流れると大喜びで手拍子をたたいて盛り上がっていましたね!

 

オープニングから会場を一挙に盛り上げてしまうというのは、さすがベテランのEW&Fだからだと思いましたね!

途中楽曲がバラード調になったときにようやく着席できたのですが、中高年にはずっと立ちっぱなしはきついものがあります(笑)

モーリス・ホワイトを追悼する意味合いで映像も流れていましたね。

もっと前にコンサートに来ればよかったと、後悔したのでありました。

 

師匠なんて途中あたりから「腰がイテ」と座席に伏していましたから、普段から鍛えておかないとついていけないですね(笑)

 

そんな私らよりも年齢が上のフィリップ・ベイリーはもはや超人です!!

 

後半戦になると、またもやノリノリの楽曲が始まると、私の周辺のお客さんも盛り上がっていて、ステップを踏むなどして揺れていました。

まるで会場全体がディスコ会場になったような感じでしたね。

 

私も20代は新宿から銀座までディスコは数々通い、週末は踊り明かしたこともありましたっけ^^

懐かしい思い出楽しい時間を過ごすことができましたね!

その当時は勝負服を着て扇子をフリフリ、お立ち台ではありませんけどね(笑)

 

時分がディスコに行っていた80年代の記憶が舞い戻ったようで、楽しい青春時代を再び思い出せたコンサートでもありました♪

 

スポンサードリンク


 

まとめ

Earth, Wind & Fire – My Promise

フィリップ・ベイリーJr.も歌っていましたね。
EW&Fの来日公演の大阪会場で燃焼できたので、本当に楽しかったですね!

音楽を聞きながらダンシングで、みな会場のお客さんも笑顔でいっぱいでしたね。

ステージは定刻のほぼ午後6時にスタートしましたが、アンコールまで含めて23曲を演奏して終わったのが、午後7時40分過ぎくらいでしょうか。

EW&Fの約100分間の夢のような時間はあっという間に過ぎてしまいましたね!

 

EW&Fのコンサートに行く場合は、オールスタンディングで踊ることになるので、汗をかいてもいいような服装でタオルは必需品です。

アイドルのコンサートのような、ペンライトもメッセージボードもなくて非常におとなしい印象でしたネ。

コンサートの後半では会場全体がディスコ会場と化しておりましたので、暑さ対策は必要です。

 

また、コンサート終了後は女子トイレが激混みになるので、早めに退場した方がいいですね。

 

 

時計を確認してなかったのですが、意外と早く終わったので新大阪まで出て夕ご飯に串カツをガッツリと食べることができましたよ(笑)

前に来たときは、サラリーマンが多かったけれど、カウンターは女性客でいっぱいでしたから、時代は変わりましたね!

新型車両にも乗れたのでラッキー!

大阪旅行はEW&Fでノリノリに踊りまくり、串カツを食べて、実に満喫できましたよ♪

 

じつはこの日は日中は、万博記念公園まで出かけていたので、既に疲れ果てていたのですね(爆)

それでも年甲斐もなく我を忘れて、ノリノリダンスに興じていたおオバサンは、丑三つの時間になんと!足がツッてしまい大変なことになりましたよ(笑)

普段から運動をしていないことを反省しつつ、体力をつけていかなければと思ったのでありました・・・

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

 

EW&Fの関連記事はこちらをチェック▼

アースウィンド&ファイアー来日!ライブ(2017)の時間やチケットは?

 

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください