アンドロイド観音高台寺マインダーの一般公開する日程や申込み方法は?

京都市東山区にある高台寺で、世界初の「アンドロイド観音マインダー」が公開されましたね!

そこで、アンドロイド観音とはどのようなものなのか、実物の説法を見てみたいものですが、これから期間をもうけて一般公開をするそうですよ。

そこでマインダーの一般公開をする日程や、申込み方法について、また高台寺のアクセス方法を調べてみようと思います。

スポンサードリンク


アンドロイド観音・高台寺「マインダー」について調査!

なんと仏像もロボット化されたと、先日ニュースで見たのですが、とても驚きました!?

ホットな話題となっているのは、京都市東山区の高台寺にある「アンドロイド観音」が世界はじめて公開されたということであります。

気になるアンドロイド観音の名前は「マインダー」ということですが、カタカナ名なんですね。

「人造菩薩」(爆)みたいな日本語名にすればよかったのにな…というのは私の意見ですが、どうもセンスなくてすみませんね…。

 

高台寺のアンドロイド観音「マインダー」の動画があったのでさっそく見てみると、これまたシュール過ぎるビジュアルですゾ!?

体はメカがむき出しの状態になっていて、姿は完成品にはなっていないですよね。

このように機械をむき出しにしたのは、マインダーを見る人が想像力にゆだねるためにあえてこのような姿になったそうです。

このアンドロイドは、アンドロイド研究の第一人者である大阪大学教授・石黒浩氏(55歳)らに依頼をして、完成した人型ロボットですね。

石黒教授は2005年に世界で初めて、女性型のアンドロイドをリアルに制作したということで、ギネス世界記録を持っています。

公開されている御神体の開発費はなんと1億円!?

プロジェクションマッピングを駆使して、人工音声の法話を行うというのもすごいのですが、仏教とテクノロジーの融合というのは斬新ですよね!

なんとも「おったまげ〜〜〜っ!?」と叫んでしまいそうなレベルの話になります。

アンドロイド観音「マインダー」は、説法をするためにプログラミングされているというので、私も実際にこの目でみてみたいものです。

スポンサードリンク


 

アンドロイド観音・高台寺「マインダー」の一般公開する日程や申込み方法は?

ではこのアンドロイド観音が一般公開するというのですが、京都にある高台寺で行われるそうです。

アンドロイド観音マインダーによる、般若心経の説法が行われるといいます。

一般公開日と申込み方法は?

アンドロイド観音による説法の期間は、

2019年3月8日㈮から5月6日(月祝)まで

 

アンドロイド観音の説法の申込み方法は、

ファックスか、ネットによる申し込みフォームで、事前予約を行う。

なお、詳しいスケジュール(法話拝聴時間等)は、高台寺のホームページにて発表するとのことです。

分かり次第このブログにて、詳しくご紹介していきますね!

では、高台寺のアクセス方法についても調べてみました。

 

アンドロイド観音「マインダー」のいる高台寺のアクセス方法は?

アンドロイド観音「マインダー」を公開する高台寺は、京都にあります。

住所:〒605-0825 京都市東山区高台寺下河原町526番地

アクセス方法は?

[電車] 京都駅から 約20分
京阪 祇園四条駅から 約10分
阪急河原町駅から 約15分

[バス] バス停「東山安井」から徒歩5分

京都駅から約15分乗車
京阪 祇園四条駅から約5分乗車
阪急河原町駅から約10分乗車
タクシーでお越しの方

[タクシー] 京都駅から 約15分
※お車での拝観は交通渋滞を招くのでご遠慮くださいとのことです。

私なら鉄道を利用していきたいですね!

京阪にも乗りたいです〜♪

行くとしたら大阪経由で行きたいので、淀屋橋駅から京阪・プレミアムカーに乗って京都に向かおうと思います。

リッチな気分になれるプレミアムカーで、高台寺へ行ってみたいですね。

そういえば、石黒教授が執筆した書籍「アンドロイドは人間になれるか」があるので、一度読んでみようと思いました。

ではアンドロイドというと、SF界の不朽の名作「アンドロイドは電気羊の夢を見るか? 」(フィリップ・K・ディック著)という小説を思い出します。

また、小説をもとに映画化されたのは、ハリソン・フォード主演の「ブレードランナー」という作品があります。

続編「ブレードランナー 2049【Blu-ray】 [ ライアン・ゴズリング ]」という映画もあるのですが、この作品も見てみようと思います。

 

アンドロイドが生身の人間として意識を持って、人間に対抗していくところが胸を打たれましたね!

これから科学技術が進歩して、どんどん人間に近いロボットを造られていくのでしょうか?

人間に説法をするアンドロイド菩薩のように、ロボットが人の役に立てるというユニークかつ斬新すぎるアイデアですよね!

でも、映画「ターミネーター」のように、機械が自我に目覚めて人間を支配する世界になってしまうことにはならないでしょうか…

なにせロボットから人間が「教えを請う」のですから。

アンドロイドの人工知能が、どのくらいの域に達しているのか気になるところですが、やはりこうしてみると実際に御神体をみてみたいものですね!?

「そうだ、京都に行こう!」

おあとがよろしいようで…(笑)

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

イベントの関連記事はこちら▼

なつぞら&朝ドラ100展日本橋高島屋はいつまで?グッズや見どころを調査!

東京タピオカランド原宿の出店店舗やメニューは?1日店長は誰が出るの?

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください