高橋貞洋の経歴や動画は?身長体重や現在についてまとめ

元日本サッカー代表選手の高橋貞洋(たかはし さだひろ)について、サッカーの経歴やプロフィールなどまとめてみました。

&nbsp

スポンサードリンク


高橋貞洋の経歴や動画は?

元日本サッカー代表選手の高橋貞洋について経歴やプロフィールについて調べてみることにしました。

1959年10月7日生まれの59歳(2019年時)

埼玉県出身

出身高校は帝京高等学校(1975年〜1977年)

なお、帝京高校の同級生に、宮内聡、金子久、早稲田一男がいます。

いいプレーヤーがそろったおかげで若いチームはインターハイで優勝しています。

1学年上は佐々木則夫、そして2学年下には名取篤がいました。

その他にも帝京高校出身の有名サッカー選手をしらべると

山崎透
北野誠
中田浩二
内田裕久
伊藤剛

と名だたる選手を輩出している名門校ですね。

高橋貞洋は帝京高校時代は「俊足の左ウィング」と呼ばれて、3年生のときにはサッカー日本代表に選出されています。

「高校生の日本代表」で話題となった帝京高校の高橋貞洋選手は、負傷した奥寺選手の代わりにフィールドに入ってケルン戦に新顔が加わったのでした。

日本代表選手はゴールキーパーの佐藤(古河)以外は20前後の若き戦士が集まったのです。

若手メンバーの中でも最も年少の17歳高橋貞洋が第1線でデビューを果たしたのですね!

(1977年6月1日の「FCケルン戦」で、史上最年少の17歳227日でデビュー)

同じ年の昭和53年1月は、高校選手権で帝京高校は2度目の優勝を果たしています。

1978年〜1981年 国士舘大学に入学

1982年〜1988年  フジタ工業(湘南ベルマーレ)に入団

FWで背番号11番の高橋貞洋が、↓動画でスーパーゴールを決めていますヨ!!

キミは読売サッカークラブを知っているか?③

高橋貞洋選手の実際のスピードに驚いてしまいますね…。

高橋貞洋の身長体重は?

高橋貞洋の現在について

 

現成立学園高等学校サッカー部総監督高橋貞洋 – 元フジタ工業サッカー部、元サッカー日本代表、

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください